自動車事故の示談に関する基本知識

示談とは、自動車事故が起きた時に、当人同士で話し合って損害賠償の金額や支払い方法などについて取り決めることです。
加害者は、被害者に賠償金を支払い、被害者は賠償金を受け取ったらそれ以上は請求しないというのが基本的な契約内容です。
この交渉は自分で行うこともできますが、たいていは保険会社の担当者が行います。
双方が車を運転している状況で事故が起きた場合は、双方の保険会社の担当者同士で話し合いがなされますが、加害者が保険に入っていなかったり、停車中に突っ込まれたというように全く過失がないケースだと保険が使えないため、被害者は自分で加害者や保険会社の担当者と交渉しなければなりません。
とはいえ、交渉にはそれなりの法律知識が必要なので、素人が行うのは困難ですから、こういうケースでは弁護士に依頼するのが得策です。
交渉を始めるのは、被害者が亡くなっている場合はいつからでも問題ありませんが、傷害事故の場合は注意が必要です。
治療が終了していない段階で交渉をまとめてしまうと、それ以後の治療費を支払ってもらえなくなるおそれがあるからです。
賠償金を受け取ったら、それ以上は請求しないというのが基本ですから、必ず治療が終了してから交渉をまとめるようにしましょう。}PgžxQ