あくまで客観的かつ冷静に

交渉事で冷静さを欠いてしまうと、思い通りの結果が生まれないどころか、自身が不利益を被ってしまうことになりかねません。こと自動車同士の衝突事故での交渉は、当事者同士が話し合いを持つ必要があります。そこで相手を威圧する態度や言動を取ると、証拠を記録されて後々の交渉に支障をきたす可能性がなきにしもあらずです。自己の被害者側であっても、決して感情を表に出さず客観的に物事を考えます。本来行うべき手続きや果たすべき義務が見えてきますので、それが済んでから再び落ち着いて交渉に臨むことが求められます。高圧的な態度を取る可能性は、相手側にあることもしばしばです。自分は絶対に悪くないと相手が発言しても、感情を高ぶらせてはいけません。交渉相手が狡猾だった場合、自身が怒り出した瞬間を見計らって一方的に加害者認定されることがあるからです。感情を表に出したい気持ちを抑えてこそ、客観的に物事を見て話ができるので、対等で有利な交渉ができると考えられます。また、感情の高ぶりが抑えられないように見受けられる相手にも、落ち着いて語りかけを続けると効果的です。相手が温度差を感知して、お互いが落ち着いて交渉できるようになると期待できます。Šî–{ RGB

コメントは受け付けていません。