‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

うかつに妥協するのはNG

2015/03/16

自動車の購入や事故処理でうかつに妥協をするのは、それ以降の思考を全て破棄することに相当します。自身が納得した上での決断であったとしても、一応の答えが出た事実に安堵するので、さらに発展した内容を考える必要性がなくなるからです。人生ではさほど大きな影響がないと考えられる場面の決断なら良いかもしれません。一生涯記憶に強く残ったり、幸福ではない出来事をもたらす可能性があることは、熟考するのが得策です。考え抜いた末の決断が間違っていたことは、人間の行いの全てが完全であるとは言い難いので、しばしばあると考えられます。自動車の購入では、最新型のエンジンが搭載されているという理由だけでは、熟考したことにはなりません。燃費性能や居住性、そして環境に優しいかについてよく考えなければ、後に後悔してしまうかもしれないからです。事故処理では、事故を起こした相手方から示談を提案されたとしても、うかつに首を縦に振らないようにします。それが確実に行われるかどうかよりも、本来果たすべき関係各所への連絡を怠る法律違反をしてしまうことに繋がるからです。考える作業は疲労の蓄積を伴うことは事実ですが、後悔をしないためにもうかつな判断は避けるようにしましょう。水03

恫喝・脅された場合も屈しないこと

2015/03/16

自動車事故を起こす確率は、運転頻度にもよりますが0%ではありません。十分に注意をしているドライバーが、交通事故を起こすこともなきにしもあらずだからです。車同士の事故が発生したら警察への報告が義務付けられています。事故の当事者のどちらか一方が警察に通報しようとするとき、高圧的な言動や不誠実な態度を取られて邪魔をされたら、大抵の人は恐怖心を抱きやすいです。恫喝される場面に慣れている人は、恐喝罪が適用される現代社会ではあまり多くはないからです。もしもの話として、自動車事故発生時に不誠実な態度を取られてしまっても、屈してはいけません。屈してしまうときは、相手の要望通り警察への報告を怠ることを意味するからです。義務付けられた行動を取らなければ、恫喝をされていたと証言をしても事故の当事者両方が罰せられます。過失割合が自身に有利でも、恫喝に屈してしまったばかりに余計な罰金を支払う羽目になる恐れがあります。不誠実な対応を繰り返す人物の車と事故を起こしてしまったら、なるべく人撮りの多い場所で話をするか、率先して警察への連絡を取るようにするべきです。事故を起こしたら義務を怠らないことが重要というわけです。水02

自分の主張は感情的にならず理路整然と 

2015/03/16

買ったばかりの新車を事故で傷付けられても、新車に変えてもらうことはまずありません。ほとんど板金修理など原状回復して終わりになります。外見上は原状回復されても、買ったばかりの新車も事故車扱いとなり、買い取り価値は著しく低下します。その分の保証はしてもらえるかといえば、してもらえません。
自分にも過失責任がいくらかあれば諦めもつきますが、全く責任が無くても差額分の保証はされません。
隣の家の火事が原因で自分の家が燃えてしまった場合に、火元の隣の家に賠償請求できるかといえば、できません。
火元の家は火災保険に入っていて、自分の家が火災保険に入っていないと、火元の家は火災保険で再建できて、自分の家は再建できないことになります。
火災事故も交通事故も、お互い様という考えが根底にあります。事故は故意や重過失がない限り、自分が加害者にもなりえるため、このような処置が取られています。
そのため、事故の被害者になっても、加害者に無理な強要をすると、強要罪で警察のお世話になります。そのためにも冷静な第三者(弁護士以外は違法)に入ってもらって、相手方と交渉してもらうことが必要となります。
弁護士を通じて主張することになりますが、結果は上記のようになります。
交通事故は毎年、何万件と起きています。その度に一々交渉していたら弁護士・裁判所・警察・保険会社はたまったものではありません。
言葉は適切ではないかもしれませんが、交通事故程度はマニュアル通りに淡々と進められ終了となります。そのため、被害者は泣き寝入りするか、徳を積んだぐらいの気持ちで事故処理する必要があります。水01

あくまで客観的かつ冷静に

2015/03/16

交渉事で冷静さを欠いてしまうと、思い通りの結果が生まれないどころか、自身が不利益を被ってしまうことになりかねません。こと自動車同士の衝突事故での交渉は、当事者同士が話し合いを持つ必要があります。そこで相手を威圧する態度や言動を取ると、証拠を記録されて後々の交渉に支障をきたす可能性がなきにしもあらずです。自己の被害者側であっても、決して感情を表に出さず客観的に物事を考えます。本来行うべき手続きや果たすべき義務が見えてきますので、それが済んでから再び落ち着いて交渉に臨むことが求められます。高圧的な態度を取る可能性は、相手側にあることもしばしばです。自分は絶対に悪くないと相手が発言しても、感情を高ぶらせてはいけません。交渉相手が狡猾だった場合、自身が怒り出した瞬間を見計らって一方的に加害者認定されることがあるからです。感情を表に出したい気持ちを抑えてこそ、客観的に物事を見て話ができるので、対等で有利な交渉ができると考えられます。また、感情の高ぶりが抑えられないように見受けられる相手にも、落ち着いて語りかけを続けると効果的です。相手が温度差を感知して、お互いが落ち着いて交渉できるようになると期待できます。Šî–{ RGB

交渉の下準備と対策

2015/03/16

交渉を有利に進めるためには、下準備と対策が必要です。事故当時の記録を録ることは大前提であり、それ以外の要素をどれだけ充実させられるかを大切にします。目には見えませんが、心構えが下準備には重要です。人間同士が言葉を交わし合って何かを決めるときには、感情的になりがちで難しいことを考えながら発言をすることがしばしばなので、心理的重圧が大きくなることが予想されます。そのときになって心の準備を整え始めていたのでは、相手のまくし立てに対応できません。感情的でかつ心の準備ができている人物と話し合うようなときには、自身も冷静になるために必要な心構えを身につけることが有効です。まずは、どのような言動が相手から発せられても、理性を保ち続けるようにすると冷静でいられます。また、理性を失って理路整然ではない話し方をする相手につられてもしまわないように、自身が話している場面を第三者の目線から防寒する姿勢で臨むことも大切です。当事者意識が強すぎる場合には、自身の利益を高めようとして思ったことの全てを口に出してしまいかねません。それではまともな議論は実現しませんので、常に冷静でいられるような心構えが肝心というわけです。}PgžxQ

必要書類と手続き:物損の場合

2015/03/16

車の運転で注意しても避けられないのが事故です。
自分が気を付けて運転していても歩行者がぶつかってくること、自転車、車が衝突
してくる場合があります。
車対車は50対50でどちらに非があるかで負担額は変わってきます。
物損の合は、相手がいる場合は所轄の警察署に即時届け出をし事故証明をもらい保険会社への
連絡をします。
自損の場合は、自分の車は、修理工場に入れ見積を取ります。
同時に保険会社への連絡が必要です。
何かにぶつけた場合これの修理ももたなければなりません。
公共物(ガードレール、標識、カーブミラーなど)は相当高くつきます。
民間物(家など)を損傷させて場合も修繕費用が掛かってきます。
必要書類は、保険会社の提示するものに事故発生の状況を記載し損傷物が何かを明記する必要が
あります。
何かを損傷させた場合、その事故現場の見取り図を記載すること、また自分の車の損傷部分を
修理工場に聞いて記載することとなります。
車の損傷も見た目だけでは分からないことがあります。
正面からぶつかった場合、エンジンまで損傷していると相当な費用が掛かります。
素人がボディを見た目だけで書類に記載しあとから修理が必要と言われても余計な出費がかさむだけで
すので慎重に記載する必要があります。
まずは安全運転に心掛けるようにすることが一番です。Šî–{ RGB

必要書類と手続き:死亡の場合

2015/03/16

死亡事故の場合、補償を受け取るのは原則として相続人になります。また相続人には該当しない場合でも、亡くなった人の両親は遺族慰謝料の請求権者となるため補償を受け取ることになります。この相続人を確認する必要があるため、亡くなった人の生まれてからなくなる時までに一連の戸籍関連書類が必要になります。戸籍の種類として戸籍謄本、除籍謄本、改正原戸籍があります。相続人を見逃すと大変なことになるため、戸籍を過去に遡って行く必要があります。特に複数回の婚姻歴が有りそれぞれの婚姻期間に子供がいるような場合は、全ての子供が相続人になるため注意が必要です。また相続人本人がなくなっている場合でもその子供に代襲相続が発生することもあるため、その点も確認が必要です。複数人の相続人がいる場合は、相続人全員と交渉を行ったり、全員に補償を受け取ってもらうことは難しいため、相続人の代表者を一名選定して、その代表者が補償を受け取ったり、交渉を行ったりします。そのため、相続人代表者宛の委任状を他の相続人に作成してもらう必要があります。この委任状も必要書類になります。それ以外に葬儀を行った費用の立証書類も必要になりことがあります。}PgžxQ

必要書類と手続き:傷害の場合 

2015/03/16

傷害事故を起こした場合は、まず負傷者の救護を行い、必要があれば救急車を呼びます。この際、消防署から自動的に警察へ連絡がいきます。
2次被害を防ぐためにハザードを点滅させたり、発煙筒をたきます。事故車両は証拠保全のため、警察の指示があるまで動かさないことです。
交通事故では、被害者・加害者で意見がわかれます。そのため、目撃者やドライブレコーダーを確保する必要があります。
救急車を呼ばない軽微な事故や単独事故であっても、必ず警察に事故の届出が必要です。警察の届出を出さないと強制・任意の保険金はおりません。
警察の届出が済んだら、保険会社に事故の連絡をします。保険会社から保険の契約内容や保険金の支払い対象を聞きます。
その後、医療機関で治療を受けます。事故直後はたいしたことはないと思っても、後遺症が出る場合があるので、できるだけ医師の診断を受けましょう。
警察署では、加害者・被害者が顔を合わす機会がありますが、示談をせず、代理人である保険会社に全面的に任せましょう。
勝手に示談をした場合は、保険会社は関与されず、保険金が支払われない事にもなります。
保険金を請求する場合に必要な書類は、個別の事故内容により異なりますが、一般的には保険金請求書・事故証明書・医師の診断書・診療報酬明細書・休業損害証明書・死亡した際は戸籍(除籍)謄本が必要となります。
保険金は、保険会社が事故の現場確認や病院への治療状況を確認してから支払われます。}PgžxQ

必要書類の種類と手続き

2014/11/17

車購入の際、販売店に任せている必要書類を自分ですれば経費削減につながります。
車体本体の交渉は大抵の方は行います。次に付属品の無料装着を聞いていみます。
これが限界価格であれば下取車に転嫁してくれる場合もあります。
おおよその話がつけば見積を提示してくれます。
そのなかに諸経費が出てきます。
ナンバープレート取得(管轄陸運局)、納車代行、車庫証明等の費用は販売店の代行手数料が
乗せられての提示となります。
このなかで納車代行は、販売店に出向くだけで削減できます。
わざわざ自宅まで持って来てもらわなくとも自分で出向くだけです。
書類となると厄介、分からないことがあります。
それを販売店が代行することにより儲けを得ています。
車庫証明は、管轄警察署のホームページより必要書類をダウンロードし提出するだけで
申請書時に掛かる手数料は、2,100円程度、 交付時(受取時)に掛かる手数料は、500円程度です。
これも万円単位で経費削減になります。
分からないことは管轄警察署に聞けば良いことです。
毎日車を購入するわけでないのでこの仕事に従事していないと間違いは付き物です。
そこは数万円稼ぐつもりで警察官の言う通りに記入すれば良いのです。
このように自分でできるものは自分ですることでかなりの経費削減になります。
一度お試しください。}PgžxQ