恫喝・脅された場合も屈しないこと

自動車事故を起こす確率は、運転頻度にもよりますが0%ではありません。十分に注意をしているドライバーが、交通事故を起こすこともなきにしもあらずだからです。車同士の事故が発生したら警察への報告が義務付けられています。事故の当事者のどちらか一方が警察に通報しようとするとき、高圧的な言動や不誠実な態度を取られて邪魔をされたら、大抵の人は恐怖心を抱きやすいです。恫喝される場面に慣れている人は、恐喝罪が適用される現代社会ではあまり多くはないからです。もしもの話として、自動車事故発生時に不誠実な態度を取られてしまっても、屈してはいけません。屈してしまうときは、相手の要望通り警察への報告を怠ることを意味するからです。義務付けられた行動を取らなければ、恫喝をされていたと証言をしても事故の当事者両方が罰せられます。過失割合が自身に有利でも、恫喝に屈してしまったばかりに余計な罰金を支払う羽目になる恐れがあります。不誠実な対応を繰り返す人物の車と事故を起こしてしまったら、なるべく人撮りの多い場所で話をするか、率先して警察への連絡を取るようにするべきです。事故を起こしたら義務を怠らないことが重要というわけです。水02

コメントは受け付けていません。