必要書類の種類と手続き

車購入の際、販売店に任せている必要書類を自分ですれば経費削減につながります。
車体本体の交渉は大抵の方は行います。次に付属品の無料装着を聞いていみます。
これが限界価格であれば下取車に転嫁してくれる場合もあります。
おおよその話がつけば見積を提示してくれます。
そのなかに諸経費が出てきます。
ナンバープレート取得(管轄陸運局)、納車代行、車庫証明等の費用は販売店の代行手数料が
乗せられての提示となります。
このなかで納車代行は、販売店に出向くだけで削減できます。
わざわざ自宅まで持って来てもらわなくとも自分で出向くだけです。
書類となると厄介、分からないことがあります。
それを販売店が代行することにより儲けを得ています。
車庫証明は、管轄警察署のホームページより必要書類をダウンロードし提出するだけで
申請書時に掛かる手数料は、2,100円程度、 交付時(受取時)に掛かる手数料は、500円程度です。
これも万円単位で経費削減になります。
分からないことは管轄警察署に聞けば良いことです。
毎日車を購入するわけでないのでこの仕事に従事していないと間違いは付き物です。
そこは数万円稼ぐつもりで警察官の言う通りに記入すれば良いのです。
このように自分でできるものは自分ですることでかなりの経費削減になります。
一度お試しください。}PgžxQ

コメントは受け付けていません。