必要書類と手続き:物損の場合

車の運転で注意しても避けられないのが事故です。
自分が気を付けて運転していても歩行者がぶつかってくること、自転車、車が衝突
してくる場合があります。
車対車は50対50でどちらに非があるかで負担額は変わってきます。
物損の合は、相手がいる場合は所轄の警察署に即時届け出をし事故証明をもらい保険会社への
連絡をします。
自損の場合は、自分の車は、修理工場に入れ見積を取ります。
同時に保険会社への連絡が必要です。
何かにぶつけた場合これの修理ももたなければなりません。
公共物(ガードレール、標識、カーブミラーなど)は相当高くつきます。
民間物(家など)を損傷させて場合も修繕費用が掛かってきます。
必要書類は、保険会社の提示するものに事故発生の状況を記載し損傷物が何かを明記する必要が
あります。
何かを損傷させた場合、その事故現場の見取り図を記載すること、また自分の車の損傷部分を
修理工場に聞いて記載することとなります。
車の損傷も見た目だけでは分からないことがあります。
正面からぶつかった場合、エンジンまで損傷していると相当な費用が掛かります。
素人がボディを見た目だけで書類に記載しあとから修理が必要と言われても余計な出費がかさむだけで
すので慎重に記載する必要があります。
まずは安全運転に心掛けるようにすることが一番です。Šî–{ RGB

コメントは受け付けていません。