必要書類と手続き:死亡の場合

死亡事故の場合、補償を受け取るのは原則として相続人になります。また相続人には該当しない場合でも、亡くなった人の両親は遺族慰謝料の請求権者となるため補償を受け取ることになります。この相続人を確認する必要があるため、亡くなった人の生まれてからなくなる時までに一連の戸籍関連書類が必要になります。戸籍の種類として戸籍謄本、除籍謄本、改正原戸籍があります。相続人を見逃すと大変なことになるため、戸籍を過去に遡って行く必要があります。特に複数回の婚姻歴が有りそれぞれの婚姻期間に子供がいるような場合は、全ての子供が相続人になるため注意が必要です。また相続人本人がなくなっている場合でもその子供に代襲相続が発生することもあるため、その点も確認が必要です。複数人の相続人がいる場合は、相続人全員と交渉を行ったり、全員に補償を受け取ってもらうことは難しいため、相続人の代表者を一名選定して、その代表者が補償を受け取ったり、交渉を行ったりします。そのため、相続人代表者宛の委任状を他の相続人に作成してもらう必要があります。この委任状も必要書類になります。それ以外に葬儀を行った費用の立証書類も必要になりことがあります。}PgžxQ

コメントは受け付けていません。