必要書類と手続き:傷害の場合 

傷害事故を起こした場合は、まず負傷者の救護を行い、必要があれば救急車を呼びます。この際、消防署から自動的に警察へ連絡がいきます。
2次被害を防ぐためにハザードを点滅させたり、発煙筒をたきます。事故車両は証拠保全のため、警察の指示があるまで動かさないことです。
交通事故では、被害者・加害者で意見がわかれます。そのため、目撃者やドライブレコーダーを確保する必要があります。
救急車を呼ばない軽微な事故や単独事故であっても、必ず警察に事故の届出が必要です。警察の届出を出さないと強制・任意の保険金はおりません。
警察の届出が済んだら、保険会社に事故の連絡をします。保険会社から保険の契約内容や保険金の支払い対象を聞きます。
その後、医療機関で治療を受けます。事故直後はたいしたことはないと思っても、後遺症が出る場合があるので、できるだけ医師の診断を受けましょう。
警察署では、加害者・被害者が顔を合わす機会がありますが、示談をせず、代理人である保険会社に全面的に任せましょう。
勝手に示談をした場合は、保険会社は関与されず、保険金が支払われない事にもなります。
保険金を請求する場合に必要な書類は、個別の事故内容により異なりますが、一般的には保険金請求書・事故証明書・医師の診断書・診療報酬明細書・休業損害証明書・死亡した際は戸籍(除籍)謄本が必要となります。
保険金は、保険会社が事故の現場確認や病院への治療状況を確認してから支払われます。}PgžxQ

コメントは受け付けていません。