交渉の下準備と対策

交渉を有利に進めるためには、下準備と対策が必要です。事故当時の記録を録ることは大前提であり、それ以外の要素をどれだけ充実させられるかを大切にします。目には見えませんが、心構えが下準備には重要です。人間同士が言葉を交わし合って何かを決めるときには、感情的になりがちで難しいことを考えながら発言をすることがしばしばなので、心理的重圧が大きくなることが予想されます。そのときになって心の準備を整え始めていたのでは、相手のまくし立てに対応できません。感情的でかつ心の準備ができている人物と話し合うようなときには、自身も冷静になるために必要な心構えを身につけることが有効です。まずは、どのような言動が相手から発せられても、理性を保ち続けるようにすると冷静でいられます。また、理性を失って理路整然ではない話し方をする相手につられてもしまわないように、自身が話している場面を第三者の目線から防寒する姿勢で臨むことも大切です。当事者意識が強すぎる場合には、自身の利益を高めようとして思ったことの全てを口に出してしまいかねません。それではまともな議論は実現しませんので、常に冷静でいられるような心構えが肝心というわけです。}PgžxQ

コメントは受け付けていません。