うかつに妥協するのはNG

自動車の購入や事故処理でうかつに妥協をするのは、それ以降の思考を全て破棄することに相当します。自身が納得した上での決断であったとしても、一応の答えが出た事実に安堵するので、さらに発展した内容を考える必要性がなくなるからです。人生ではさほど大きな影響がないと考えられる場面の決断なら良いかもしれません。一生涯記憶に強く残ったり、幸福ではない出来事をもたらす可能性があることは、熟考するのが得策です。考え抜いた末の決断が間違っていたことは、人間の行いの全てが完全であるとは言い難いので、しばしばあると考えられます。自動車の購入では、最新型のエンジンが搭載されているという理由だけでは、熟考したことにはなりません。燃費性能や居住性、そして環境に優しいかについてよく考えなければ、後に後悔してしまうかもしれないからです。事故処理では、事故を起こした相手方から示談を提案されたとしても、うかつに首を縦に振らないようにします。それが確実に行われるかどうかよりも、本来果たすべき関係各所への連絡を怠る法律違反をしてしまうことに繋がるからです。考える作業は疲労の蓄積を伴うことは事実ですが、後悔をしないためにもうかつな判断は避けるようにしましょう。水03

コメントは受け付けていません。